Blog, おでかけ, ハーブ

危険な精油、その名もルー。

IMG_9256.JPG

この黄色いお花が咲くハーブ、
ルーと言います。
カレーの香りがしそうですよね(笑)
先日の神戸の六甲ハーブ園で撮影しました☆

このハーブで抽出された精油もあるのですが、こちらは禁忌精油として名が上がっている精油なのです。
禁忌の理由は、堕胎作用、神経毒性、光毒性。

恐ろしいですねぇ。

光毒性…?
そう、このハーブミカン科!
カレー関係ありません!
これから成長して柑橘をつけるということなのでしょうかね?

アロマは自然のものだからといってもこういった危険なものもあります。
だからこそ、知らない精油はちゃんとお専門の店の人に説明を聞いて、安全に楽しまなきゃですねぇ。

IFAの試験の中ではこういった禁忌精油が40近く出てきます。
危険なら精油作らなきゃいいじゃんとも思いますが、薬と毒は背中合わせ。おそらく中にはフランスのメディカルでお医者さんが状況に応じて使っているのだと思います。

教科書の上でテキストでしか見てなかったルー。
禁忌精油でも出会えてテンション上がりました☆
ちなみに、香りは何にもしませんでした…汗

IMG_9253.JPG